サークルKのケーススタディー

カナダでCircle Kキャンペーンを表示するデジタルボード。
Circle K ロゴ

南北アメリカ大陸

サークルK

GroupM、Kinetic、Xaxis

カナダでCircle Kキャンペーンを表示するデジタルボード。

目的

Kineticと多国籍コンビニエンスストアチェーンのサークルKは、天気をターゲットにして、視聴者の物理的な環境を想定したキャンペーンを実施しようとしていました。  

 従来のアウト・オブ・ホームのシナリオでは、このような細かいレベルでのターゲティングは困難であり、このキャンペーンには、リアルタイムのターゲティング、精度、クリエイティブの最適化などが必要でした。  

 この洗車キャンペーンの主な目的は、その地域の天候に応じて様々なクリエイティブによるメッセージで屋外の視聴者へリーチしてエンゲージすることでした。最後に、成功の鍵となったのは、既存のビジネスKPIに照らし合わせて測定可能な結果を​​提供することでした。 

解決策

このキャンペーンでは、クリエイティブの観点から、現地の天候に応じて、複数の異なるクリエイティブをHivestack DSPから配信する必要がありました。コンテキスト・クリエイティブ・ターゲティングでは、弊社のプラットフォームが、特定の場所にいる視聴者に対して、最適なクリエイティブをリアルタイムに提供する必要がありました。  

 代理店パートナーのKinetic社は、弊社のカスタムオーディエンスを用いて、洗車を提供している強豪のガソリンスタンドに見ることができるターゲットデバイスへリーチさせる獲得戦術を実施しました。また、既存消費者に対しては、場所をジオフェンシングして再来訪を促し既存消費者の定着を促進しました。

 Hivestack DSPは、過去と現在のロケーションデータを活用して、カスタムオーディエンスが集中している時間帯と場所のスクリーンに入札します。すべてオープンマーケットプレイスで行われました。さらに、来訪者数の属性を検出するために、キャンペーンの効果をより適切に測定するためのリフト調査を重ねました。

結果

このキャンペーンでは、測定可能な結果を​​確認する際に、視聴者へのリーチとエンゲージメントに焦点を当て、最終的には会話へとつなげました。その結果、プログラマティック・デジタルOOHに触れた消費者は、サークルKの店舗に訪れる可能性が24%高くなり、657モデルの来店が増加しました。 

これは、KineticとサークルKにとって、今までで最も重要であり、実際のビジネス成果を測定し、帰属させることができました。