Intelのケーススタディー

Intelキャンペーンを表示するデジタルボード。
Intel ロゴ

アジア太平洋地域

Intel

LIVE BOARD

Intelキャンペーンを表示するデジタルボード。

目的

Intelにとって、このキャンペーンの主な目的は、B2Bの主要な意思決定者の意思決定とブランド検討を促進することでした。日本全国のヘルスケア、小売、製造業などのオーディエンスセグメントに焦点を当てました。

解決策

Intel社によって提唱された「3As」の基準に触発されて、私たちは次の概要に基づいてソリューションを実施しました:

Addressable:トリガーされたときに有効化されるプログラマティックなスクリーン

Accountable:広告が確実に配信されること

Attributable:測定可能な結果

Hivestack DSPは、インプレッションに基づきDOOHスクリーンに配信することを主としており、LIVE BOARDとのパートナーシップにより、日本全国の視聴者にリーチするための幅広い規模と品質を確保しています。私たちの広告運用は、キャンペーンの前、配信、キャンペーンの後の目標を確実に達成するために、最高水準の説明責任を満たしています。

測定はキャンペーンの非常に重要な要素です。Hivestackは、キャンペーンの効果を判断するために、リフト調査を実施しました。デバイスの接触グループと非接触グループの意思決定者の増加を測定することで重要な意思決定者の急増を分析することができました。 

Intel社は、2019年下旬から2020年初旬に参加した展示会やセミナーの催事場をジオフェンスを用いることで重要な意思決定者(カスタムオーディエンス)を特定しました。合計で1704のビジネスドメインからのアクセスが測定されました。 

結果 

Intel社のキャンペーンは、日本全国を縦断したプログラマティックDOOHキャンペーンの成功例です。このキャンペーンは、ヘルスケア、小売、製造業の意思決定者の意思決定とブランド検討を促進するという目的を果たしました。リフトの結果は素晴らしく、LIVE BOARDの美しいスクリーンを活用したIntel社の「See It All」キャンペーンは、広告露出に起因する各意思決定者セグメントにB2Bのリフトを急増させ、全体として一般事業で11.2%の増加、ヘルスケア全体で11.1%の増加、製造全体で6.8%の増加、小売業で6.9%の増加が見られました。