pDOOHの紹介

プログラマティック・デジタルアウトオブホーム(pDOOH)とは、屋外広告の自動化を指します。

pDOOHでは、マシンラーニング(機械学習)とコンピューティングを活用して、デジタルスクリーンを横断した広告の計画、購入、ターゲティング、販売、配信、測定ができるようになります。pDOOHは、顧客と接点になるデータを活用して特定の視聴者セグメントにリーチすることで視聴者を中心にした購入へのシフトを実現します。

DOOHが優れたメディアである理由

  • 人を惹きつける大きなビジュアル

  • 見逃すことがない・Unskippable(スキップができない)・Unblockable(遮断できない)

  • インパクトがあるメディア(タイムズスクエアや渋谷スクランブル交差点のような印象的なメディア)

  • オムニチャネルキャンペーンをサポート、デジタルを中心にしたキャンペーンの統合

DOOHとpDOOHの違いはなんですか?

pDOOHはOOHの拡張版であり、業界のイノベーションに不可欠な役割を果たしていると考えています。基本的にpDOOHのコンセプトはDOOHと同じです。広告は、ほぼリアルタイムでデジタルスクリーンに配信されますが、その広告の購入、販売、配信の方法が異なります。pDOOHは、デジタルスクリーンを横断したインベントリの購入、販売、配信プロセスを自動化することで従来のOOHとDOOHを拡張します。

さらに、pDOOHは、従来のOOHやDOOHでは不可能だった視聴者のターゲティングと効果測定を実現することができます。

広告主にとってpDOOHの利点は何ですか? 

pDOOHは、多様化する技術的な課題に関わらず結果的にDOOHの購入と販売プロセスをシンプルにすることができます。

その他の利点は以下の通りです。

  • 利用しやすい主要なDSPと直接接続し、24時間年中無休のサポートを提供できます。

  • バイヤーはキャンペーンとリーチしたい視聴者を細かく制御しながら実行することができます。

  • 広告主はキャンペーン実行中でもクリエイティブやメッセージを変更して最適化することができます。

  • 視聴者データセットとカスタマイズ可能なセグメントで前例のないキャンペーンを開拓することができます。

  • データドリブンで広告戦略を改善、また、複数のデータセットを階層化し精度を高めることができます。

  • 広告主は複数のメディアオーナーから同時に購入することができます。

  • 視聴者へのリーチを1対多(one-to-many)から選択可能な1対多(one-to-select-many)へと明確化できます。

  • DOOHにおけるCMSの手続きをシンプルにしてスケジュールと配信を最適化します。

  • 来訪者数(footfall attribution)、ブランド認知度などの指標による広告効果の測定ができます。

パブリッシャーにとってpDOOHの利点は何ですか? 

  • 視聴者に基づいたインプレッション配信

  • 空き枠のインベントリを収益化し潜在顧客への販売を拡大

  • CPM単位、ロケーション単位などのインベントリ管理

  • プライベートマーケットプレイス(PMP)やオープンエクスチェンジを介した未販売のインベントリの収益化

  • インベントリに提供されるキャンペーンの測定

データの重要な役割。

pDOOHがもたらすイノベーションは主にデータドリブンによるターゲティングと効果測定です。プログラマティックでは、特定のパラメーターや条件で無数のデータソースから無制限のデータセットを利用することでキャンペーンを強化し可能性を解放します。もちろん、条件が満たされた場合にのみ広告やコンテンツがデジタルスクリーンへ配信されます。

データまたは条件の例は以下の通りです。  

  • オーディエンス(視聴者)とデモグラフィック属性と行動変容

  • スマートフォンなどモバイルデバイスのデータ

  • ロケーションデータ

  • 天候(天気や気温)

  • 時間

  • オフェンシング(特定された場所や建物のポリゴン)

データセットは無数にあり、広告主は各キャンペーンをニーズに合わせてカスタマイズすることができます。データを活用することで、広告やコンテンツが最適な場所、最適な視聴者、最適なタイミングで提供され、メッセージとクリエイティブの効果を最大限に発揮します。 

どう機能する。

  • 購入者側を例にすると、広告主はキャンペーンのパラメータ(地域、場所などのデータ)とキャンペーン予算を設定します。

  • オープンオークション(Open RTB)、またはプライベートマーケットプレイス(PMP)のいずれかでDSP(Demand Side Platform)を用いてエクスチェンジやSSP(Supply Side Platform)と合意された入札や取引を行います。

  • 広告は1つ、または複数の最適なデジタルスクリーンに配信され再生されます。またインベントリのダイレクトセルも自動的に行うことができます。

pDOOHの購入。

pDOOHのインベントリを購入する方法にはいくつかの方法があります。最も一般的な方法は、オープンリアルタイムビディングでありオークション入札です。広告枠に支払う予算を設定し入札者が入札します。勝利した入札者の広告は即座に配信されます。メディアオーナーは、現在の顧客、または特別な取引資格を持つ顧客だけに提供できるプライベート取引、または「リアルタイムビディング(RTB : Real Time Bidding)」の提供ができます。購入する側は、提供されたインベントリにオークション形式で参加できます。そのほかに、入札が行われる前に、インベントリを提供するメディアオーナーと購入する顧客との間で予めインベントリを購入するプログラマティック保証(Programmatic Guarantee)も提供できます。

pDOOHを開始する方法。

pDOOHがキャンペーンやインベントリを昇格できることに疑う理由はありません。これからキャンペーンを実行する予定のあるチャネルでpDOOHを活用していくことでキャンペーンを戦略的に、そして効果的に補完していくことができます。pDOOHは、キャンペーンを新たな視聴者にリーチし、モバイルキャンペーンやインタラクティブキャンペーンの効果を促進することができます。既存のクリエイティブを再利用したり、新たなクリエイティブを作成しキャンペーンに活用することができます。

当社のサポートが必要な場合はご連絡ください。キャンペーンを円滑に実行するための質問があればいつでも喜んでサポートすることができます。私たちは、キャンペーンを円滑に実行するためにHivestack DSPを含むDSPのパートナー、またはpDOOHを採用しているパートナーと共に実現することをお勧めしています。

成功の測定。

pDOOHで既にキャンペーンをはじめている場合、客観的に成功を収めるためのいくつかの基準をキャンペーンに設定しているでしょう。そのキャンペーンの指標はキャンペーンが終わった後の成功分析だけでなく実行中のキャンペーンを最適化するためにも有効です。

一般的に配信されるインプレッションはすべてのキャンペーンを評価するための指標になります。1対1(one-to-one)であるデジタル広告や1対多(one-to-many)であるOOHの測定や指標と異なり、pDOOHは、キャンペーンのリーチ、エンゲージメントなど全体的な影響を定義するためのさまざまな要因を検討することができます。DOOHにおいては選択した対象視聴者にだけでなく多くの視聴者に広告を提供します。これは「1対多」のメディアとして一般的に知られています。pDOOHでは、両方のターゲティングデータを利用して最も関連性の高いと予測される視聴者に配信し、インプレッションにより1回の広告再生でアプローチした視聴者数を理解することができる「1対選択された多(one-to-select-many)」(Hivestack Term)を実現します。

視聴を推定するソリューションには、センサーやカメラなどのビジュアルセンサー、QRコード、ダウンロードされた数、尤度マトリクス(likehood metrics)、来訪者数の推定(footfall traffic)などいくつかのソリューションがあります。これらのソリューションによって広告が表示されているタイミングやエンゲージメント、さらにはコンバージョンをトラッキングすることができます。 

次は何?

pDOOHは、進化を続ける新しいメディアです。Hivestackは、メディア購入者、メディアオーナー、オムニチャネルプロバイダー問わず世界中のDOOH空間にプログラマティックDOOHを提供できる役割を果たせることに喜びを感じています。

私たちHivestackチームの最新情報、エデュケーション、Tipsなどをご希望の場合は、ニュースレターの登録をお願いします。

当社のお気に入りリンク。

もっとpDOOHについて知りたいですか?ここをクリックして私たちのインフォグラフを表示してください。またいくつかの関連する情報をご紹介します。

もっとpDOOHについて知りたいですか?一般的な業界用語については、用語集を参照してください。